利息制限法

過払い金はあなたが取り戻すことができる正当な権利です。利息制限法では借金をする際に発生する金利に、制限を設けています。しかしほとんどの貸主が、出資法での上限金利29.2%に近い金利で貸出を行なっているのです。

 

■過払い金と利息制限法

 

■多重債務者が自己破産する前に

多重債務者は過払い金返還請求をすることで、借金生活から解放されることがあります。その借金の支払期間が長いほど、利息制限法の上限金利を超えて多く支払っていることがあります。過払い金を借金返済に充ててもなお余って、手元にお金が戻ってくるケースもあるのです。

 

■利息制限法と出資法

貸金業者からお金を借りる金利の多くは、利息制限法による上限金利を超えています。なぜならそれらは「利息制限法」ではなく、「出資法」の上限金利を適用しているからです。
多重債務の利息制限法の上限金利を超えても、罰則規定がないのが原因です。この2つの法律の上限金利の差を「グレーゾーン金利」といいます。

■過去に完済した借金の過払い金は請求できる?

借金の支払いの終わった契約書に、利息制限法を超えた金利が明記され、10年経っていなければ過払い請求が可能です。10年経つと時効になってしまいます。

 

■過払い金はどうやって請求するの?

まず過払い金が発生しているのかを調べます。そのため取引履歴の開示を求める必要がありますが、個人相手にはなかなか開示してくれないのが実情です。そのため弁護士や行政書士、司法書士などプロに依頼する場合が多いのです。